『おかあさんになるってどんなこと』~悩んだり、不安になったり、思わずがんばりすぎちゃうお母さんへ~

こんにちは。tarumiです。

 

読書の秋ですね。

 

新しい絵本との出会いを求めて

また図書館にお邪魔した時のこと。

 

ふとタイトルに惹かれ、足が止まりました。

 

それが今回ご紹介する

 

『おかあさんになるってどんなこと』

 

です。

 

おかあさんになるってどんなこと?

・・・はて?

 

改めて問われると、明確な回答が

出てこない(汗)

 

優しいタッチの絵と色合いに癒され、かつ

ごっこ遊びをするうさぎの子達の会話の中に

この問いのヒントも。

 

家事と育児に奮闘されているお母さんに

読んでいただきたい絵本です。

 

 

*ブログを始めるきっかけ等プロフィールは

↓コチラにて♪

自己紹介 tarumi

 

 

『おかあさんになるってどんなこと』

 

作品情報(対象年齢、作者、イラスト、発行など)

 

文:内田麟太郎

絵:中村 悦子

出版社:PHP研究所

発行日:2004年4月23日

対象年齢:小学校低学年~

 

あらすじ

 

うさぎの女の子ミミちゃんは、

「今日はぬいぐるみのお母さんになるの」

と友達のターくんに言います。

 

すると、ターくんは尋ねます。

 

「おかあさんになるってどんなこと?」

 

ミミちゃんは一生懸命考えて、答えます。

 

こどもの名前を呼ぶこと。

 

こどもと手を繋ぐこと

 

そして・・・

 

みどころと魅力

 

 

独創的な絵本を作り続けてきた

内田麟太郎氏が、初めて書いた母の絵本。

 

“おかあさんはこんな風に

我が子を大切に思っているんだよ“

 

という深い愛情が、中村悦子さんの

タンポポの綿毛のようなふんわりとした

優しい絵で表現されていて、

心の深い所にじんわり染みてきます。

 

内田氏本人は継母に愛情を受けられずに育ち、

その継母を許せた時、このお話が書けたそう。

 

その背景を知った上で読むと、

さらに刺さるものがあります。

 

こどもたちの笑顔を見たくなる、

心が温かいもので満たされる絵本です。

 

 

感想

 

 

“おかあさんになる”って

どういうことでしょう?

 

 

女性は、自らのお腹の中に新しい命を宿し、

大切に大切に育みます。

 

どんどん大きくなるお腹に、

たくさんのワクワクと、ちょっとの不安と。

 

出産後は初めての事ばかり。

 

学校でたくさんの事を学んできたものの、

おかあさんになる勉強はしてきていません。

 

初めての子育ては何もかもが手探り状態。

 

これでいいのか。

間違ってはいないか。

 

育児書を読んだり、ネットで検索しては

我が子との違いに不安になったり・・・

 

夜泣きで寝不足気味なのが、

気持ちの余裕をさらに奪っていきます。

 

そんなときは、こどもの顔を見てみて下さい。

 

全幅の信頼を称えたまっすぐな眼で

こちらを見てくれていますよ。

 

こどもは、“完璧なお母さん”だから

お母さんが好きなのではありません。

 

どんなお母さんでも、こどもにとっては

たった一人の最高のお母さんなんですよね。

 

お語の中でのごっこ遊びでも、

ミミちゃんの演じているのはきっと、

“ミミちゃんのお母さん”の真似。

 

毎日名前を呼ぶこと。

手を繋いで歩くこと。

ギューって抱きしめること。

 

いつも母親がしてくれていることの中に、

【たくさんの愛】が詰まっていることを

こどもはしっかり感じ取ってくれています。

 

そんな、決して特別ではないけれど、

日々のちょっとした事の積み重ねが

こどもとの絆を深め、

私たちを母親として

成長させてくれるのだと思います。

 

「お母さんになるってことは

心配してぎゅっと抱きしめて

思わず涙がでることよ」

 

本当にそうだなと思います。

 

どんなに大きくなっても

我が子の事はいつまでも気にかかるものです。

こどもには呆れられていますが(笑)

 

自分以外の誰かの幸せを心から祈ること。

 

おかあさんになるってことは、

【自分より大切なものができること】

なのかもしれませんね。

 

 

おわりに

 

 

たくさんの情報に溢れている現代社会。

 

ネットやSNSの情報と

我が子の成長具合を比べては、

自分の子育てはこれでいいのか・・・と

悩んでいるお母さんも多いのでは?

 

そんな頑張りすぎているお母さんに

ぜひ読んでいただきたい絵本です。

 

迷ったら、目の前にいるお子さんを

ギューッと抱きしめて、

しっかり感じてみてください。

 

答えはお子さんがきっと教えてくれますよ ^^